WEB MAGAZINE
web-magazine

株式会社 オオウエ
offというブランドにおける活版印刷と和紙①

こんにちは、株式会社オオウエの大上です。

今日は活版印刷と和紙の関係についてです。

弊社は、4年前から「off」という自社ブランドを作っています。

肩ひじ張る場面、つまりonに対して、もっと気軽な場面(off)で和紙を使ってもらいたい。
そんな思いから名付けました。

offというブランドにおける活版印刷と和紙① - 株式会社 オオウエ | 活版印刷研究所

というのは表向きで、このブランドには3社がかかわっています。

o・・・私たち、和紙の問屋であるオオウエと、
f・・・プロダクトデザイナーである福嶋賢二氏。
それに、
f・・・60年にわたって活版印刷を営む船木印刷さんです。

3人が出会ったのは、弊社の見本帳に印刷見本を付けたかったからです。

今から5年前ですが、活版印刷の人気は大阪でも広がっていました。
なので、活版印刷見本を見本帳に入れたかったのです。

ある方に紹介をしていただき、船木印刷さんを訪ねました。
代表の船木宣彦さんは、まだお若いながら、活版職人歴は10年に差し掛かろうというところでした。

offというブランドにおける活版印刷と和紙① - 株式会社 オオウエ | 活版印刷研究所

和紙と言うのは、印刷がしにくいと言われています。
しかし、お話を聞いていると、和紙の便箋は、創業したころからずっと刷り続けているということでした。

古くは手漉き和紙のころから、和紙と活版の相性は抜群だったのです。

和紙は繊維が長く目が粗いので、オフセットの自動給紙ではエアーが抜けてしまうのですが、船木さんの「ハシモト」や「ハイデル」という機械にかかれば、難なく印刷されるのです。

そうして、見本帳は完成しました。

offというブランドにおける活版印刷と和紙① - 株式会社 オオウエ | 活版印刷研究所

offというブランドにおける活版印刷と和紙① - 株式会社 オオウエ | 活版印刷研究所

offというブランドにおける活版印刷と和紙① - 株式会社 オオウエ | 活版印刷研究所

offというブランドにおける活版印刷と和紙① - 株式会社 オオウエ | 活版印刷研究所