WEB MAGAZINE
web-magazine

(株)和光
活(い)きた版 「箔押しその8」

前回同様、まだユニットが完成しておりません。しかし、なんとか箔押しがしたいと思っていた時、箔フィルムにセロテープが貼り付き、剥がすとセロテープの糊面に箔が転写されました。(写真1)

(写真1) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真1)

これを応用すれば、箔押しが出来そうです。早速試してみます。
糊によって箔フィルムから箔が剥離されるので、いろいろ方法を考えてみます。

弊社のお客様は、シール・ラベル印刷会社が多いので、タック紙(両面テープ)が一番に思いつきましたので、両面テープを使用して箔押し?(押しませんが)をしてみます。

用意するものは、両面テープと紙と箔フィルムです。(写真2)

(写真2) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真2)

両面テープと紙を切ります。今回は箔が紙を横断するデザインのため、紙は仕上がりより少し大きめにカットします。(写真3)

(写真3) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真3)

思ったデザインに両面テープを紙に貼り付けます。私はアメリカのマッスルカーが好きなので、ストライプ柄にします。(写真4)

(写真4) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真4)

そして、箔フィルムを上から貼り合わせます。(写真5)

(写真5) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真5)

剥がします。今までの経験上、一番ドキドキします。うまくいくでしょうか?(写真6)

(写真6) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真6)

上手く箔ストライプが出来上がりました。久々に綺麗に箔が転写されたので、喜びも一入です。(写真7)

(写真7) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真7)

ブルー紙に白箔か銀箔ですれば、もっとイメージとおりで良かったのですが、なんせ手持ちの紙がなかったので、仕方ありません。また、仕上げカットにカッターナイフを使用したので、断裁面が少々粗いです。

次に、変形の形も試してみたくなり、手持ちのフレキシブルダイ(腐食刃)を用意しました。(写真8)

(写真8) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真8)

フレキシブルダイとは、ステンレス板に線をエッチングして、その後、エンドミルでシャープニング加工を施して刃型にしたものです。通常、紙器やシール・ラベルの抜き加工には、木型やゼンマイ刃を使用しますが、SK鋼の板状の刃を切って曲げるのには限界があり、細かい形状を再現出来ない場合があります。その時はフレキシブルダイを使用します。刃型については、またご紹介致します。
話をもどします。両面テープの上にフレキシブルダイをのせ、レタープレスコンボキットでクルクルプレスします。(写真9)

(写真9) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真9)

綺麗に抜けました。(写真10)

(写真10) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真10)

紙に貼って、セパレータを剥がします。今回は赤箔が目立つように、焦茶の紙に貼ります。(写真11)

(写真11) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真11)

箔フィルムをはりあわせて綺麗に転写するように密着させます。(写真12)

(写真12) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真12)

綺麗に転写されました。紙が深い色なので、重厚に仕上がりました。(写真13、14)

(写真13) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真13)

(写真14) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真14)

両面テープを使用すると、糊の平滑性の問題でしょうか、少しマット調になってしまいますが、箔押しが出来ます。つやが必要ならば、やはり熱と圧力による箔押しでしょうか。

フレキシブルダイを使用しなくても、カッターで切れば、色々な形も箔押できます。

他に方法がないかな〜と考えながら、今回は終了です。次回は、まだ箔押しユニットが出来上がりそうにないので、他の方法で箔押し?(転写)をしてみようを思います。

(写真1) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真1)

(写真2) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真2)

(写真3) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真3)

(写真4) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真4)

(写真5) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真5)

(写真6) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真6)

(写真7) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真7)

(写真8) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真8)

(写真9) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真9)

(写真10) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真10)

(写真11) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真11)

(写真12) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真12)

(写真13) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真13)

(写真14) | 活(い)きた版 「箔押しその8」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真14)