WEB MAGAZINE
web-magazine

森カズオ
日本人による初めての活版印刷。

日本人による初めての活版印刷。 | 活版印刷事始 - 森カズオ

天正遣欧少年使節

天正10(1582)年1月28日、ローマを目指して一艘の船が長崎港を出港した。船内には、13~14歳ほどの4人の少年が乗り込んでいた。九州のキリシタン大名である大友宗麟、大村純忠、有馬晴信の名代として派遣された、いわゆる天正遣欧少年使節である。

使節の構成は、主席正使の伊東マンショ、正使の千々石ミゲル、副使の中浦ジュリアン、原マルティノの4名を中心に神父など数名が随行していた。その中には、印刷技術習得要員も含まれていた。

一行は、2月15日にマカオに到着。翌年11月7日には、マラッカのコチンを経てゴアに着いた。ここで、使節派遣の発案者であったアレッサンドロ・ヴァリニャーノ神父が船を降り、一行は一路ヨーロッパを目指して航海を続けていく。

出航から3年余り経った天正13(1585)年1月30日、ついに一行はイタリアの地に足を踏み入れる。そして、2月22日。ローマ教皇グレゴリウス13世に謁見し、ローマ市民権を与えられた。

その後、グレゴリウス13世の後を継いだシクストゥス5世の戴冠式に出席したり、ヴェネチア、ヴェローナ、ミラノなどの都市を訪問したりして1年ほど過ごし、天正14(1586)年2月25日、リスボン港から帰路についた。

1年ほどの航海の後、天正15(1587)年4月23日に一行はゴアに到着。ヴァリニャーノ神父との再会を果たす。そして、天正18(1590)年6月20日、故郷の長崎に着き、8年半にわたるローマへの旅に幕が下ろされたのである。

ざっと天正遣欧少年使節の概要を追ってみた。今でこそ、中学生の海外留学は、そう珍しいことではなくなっているが、国内旅行でさえ大事だった当時、見知らぬ国へ、しかも誰も渡ったことのないような大海原を越えて、はるかヨーロッパを目指した少年たちの勇気はいかほどのものだったろう。まさに冒険と呼ぶにふさわしい旅だったのではないだろうか。

ところで、彼らが長崎に戻る前、天正15(1587)年7月に、豊臣秀吉がバテレン追放令を出した。きっと彼らが戻った時の世相は、かなりキリシタンにとってリスクの高い状況だったことだろう。司祭になることに憧れて危険を承知で海を渡った4人は、どんな気持ちで長崎の土を踏んだことだろう。後に追放された伊東マンショや原マルティノ、処刑された中浦ジュリアン、棄教した千々ミゲル。いずれもが、あまり幸福とはいえない生涯を歩むこととなったのが、なんとも象徴的である。

前置きが長くなったが、ここで本題に移りたい。日本人による初の活版印刷の話である。先にも書いたが、使節の中には、印刷技術習得要員もいた。派遣者の並々ならぬ印刷への思いがわかる。活版印刷の技術は、この頃すでにフランシスコ・ザビエルが率いたイエズス会によってもたらされていて、その存在や価値、効用などは知られていたはずである。それを何よりも自らの技術にしたいという希望があったのだろう。その夢は、帰路のゴアで形となった。この地で原マルティノが行った演説が本としてまとめられたのだ。それが『原マルティノの演説』。日本人による初めての活版印刷物。天正15(1587)年のことだった。この書籍は世界中で4冊存在していることが確認されている。

彼らは、ヨーロッパからグーテンベルグの活版印刷機も持ち帰っていた。それを使って、さまざまなローマ字、漢字・仮名による印刷物が刷られた。いわゆるキリシタン版と呼ばれるものである。これらの活版印刷は、次々に出されるバテレン追放令やキリシタン禁教令などの影響で、印刷が禁止されたり、印刷機がマカオなどの海外に移されたりして、急激に下火になっていく。そして、ついには途絶えてしまうことになった。次に、この火が再び灯るのは、幕末から明治維新の頃まで待たなければならない。

日本人による初めての活版印刷。 | 活版印刷事始 - 森カズオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WRITER

writer

コピーライター・デザイナー・プランナー
エディター・フォトエッセイスト・造形作家

1964年、東京五輪開催、新幹線開通の年に京都府で生まれる。
立命館大学経済学部卒業後、広告制作プロダクションに入り、当時流行りのコピーライターというものになる。
以降、徒弟制度の中で四苦八苦しながらコピーライターを続け、1997年に独立。フリーランサーという、これも流行りの肩書を手に入れることになる。
2003年にはGalley HAY-ON-WYEを立ち上げ、アートシーンにも足を踏み入れてしまう。
現在は、地元亀岡市のまちづくりをはじめ、堀越神社を中心にした天王寺界隈の活性化や南禅寺畔では上田秋成の顕彰会を行うなど地域貢献の道にも進んでいる。
文字と図像と企画が大好きな五十路男。
森敬典という名で、フォトエッセイや造形作品づくりも行っている。
○総合デザイナー協会(DAS)会員
○日本笑い学会会員・講師
○ISIS編集学校・師範代

RECOMMEND

writer

2017/04/25

漢字文化と活版印刷。

2016/11/15

平城京の怪僧が生みだした現存する世界最古の印刷物 『百万塔陀羅尼経』。

2017/02/25

徳川家康と活版印刷。