WEB MAGAZINE
web-magazine

(株)和光
活(い)きた版 「版の種類」

今回は、版の種類についてお話致します。

版には大きく分けて金属版と樹脂版があります。

金属版

主に印刷に使用される金属版は、マグネシウム・亜鉛・銅・真鍮があります。

マグネシウム…金属版の中では一番軽い。しかし、空気に触れているだけで、酸化が進行してしまいます。保管には注意が必要。

亜鉛…………活版ではよく使われます。エッチング工程で細りが生じます。そのため、印刷仕上がりがスッキリ仕上がります。

銅……………耐久性が良い。エッチング工程で少し細りが生じます。そのため、仕上がりがスッキリ仕上がります。

真鍮…………耐久性が一番良い。強い力がかかる場合に適しています。

金属版 亜鉛

金属版 亜鉛

金属版 真鍮

金属版 真鍮

耐久性の面から見ると、マグネシウム<亜鉛<銅<真鍮になります。

インキが付く凸面とベースとの間にショルダーと言われる土手が存在します。マグネシウム・亜鉛・銅はエッチングが1回(パウダーレス・エッチング法)のため、きれいに斜めになりますが、真鍮は段階エッチング(キリン血盛りエッチング法)のためショルダーが階段状になります。

また、金属版はエッチングさせて製版するので、アミ点の再現性に問題があります。

パウダーレス・エッチング法のショルダー

パウダーレス・エッチング法のショルダー

キリン血盛りエッチング法のショルダー

キリン血盛りエッチング法のショルダー

そして、版の厚みですが、

マグネシウム…1mm・1.6mm
亜鉛…………1mm・1.3mm
銅……………1.5mm・2mm
真鍮…………1.2mm

と様々で、ローラーや胴貼りの調整、もしくは低いメタルベースが必要です。

樹脂版

樹脂版は様々なメーカーから多様な版材が販売されております。多すぎてまとめられませんので、当社が使用している版材の中から、使われる版材をピックアップします。

WF-BSⅡ…………支持体がポリエステルフィルム
WF………………支持体がポリエステルフィルム
WS-H……………支持体がスチール
WF-H……………支持体がポリエステルフィルム

樹脂板 WF-BSⅡ / WF / WF-H

樹脂板 WF-BSⅡ / WF / WF-H

樹脂板 WS-H

樹脂板 WS-H

硬さの順番から見ると、WF-BSⅡ<WF<WS-H<WF-Hになります。

版の厚みは全て0.95mmで同じです。

感光性樹脂でできてますので、再現性はとても良く、アミ点も問題が少ないですが、樹脂のため、圧力によって少々版部分が潰れ、活版印刷では印刷太りが発生します。

巷で有名なディープレリーフタイプは版の厚みが1.52mmで硬さはWS-HとWF-Hの中間にあたります。

先程、アミ点の問題が少ないと申しましたが、製版上、グラデーション1%付近のアミは製版できたり、できなかったりするので、グラデーションをきれいに印刷するのが難しいです。

金属版・樹脂版共に特性を活かした版材チョイスで、印刷仕上がりは大きく変わります。

金属版 亜鉛

金属版 亜鉛

金属版 真鍮

金属版 真鍮

パウダーレス・エッチング法のショルダー

パウダーレス・エッチング法のショルダー

キリン血盛りエッチング法のショルダー

キリン血盛りエッチング法のショルダー

樹脂板 WF-BSⅡ / WF / WF-H

樹脂板 WF-BSⅡ / WF / WF-H

樹脂板 WS-H

樹脂板 WS-H

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WRITER

writer

1969年設立の凸版製版をメインとする製版会社
主にシール・ラベル印刷用凸版を製版しており、50年近い製版で蓄積したノウハウでお客様のための製版を心がけています。

大西 徹
営業部 課長

1995年に入社し、営業部に配属。
版と真鍮模型を愛する真鍮漬けの人

RECOMMEND

writer

2017/04/22

活(い)きた版「エンボス」

2017/02/22

活(い)きた版