WEB MAGAZINE
web-magazine

(株)和光
活(い)きた版 「エンボス」

今回は、エンボスについてお話いたします。

皆さんはご存知と思いますが、インキを転写して印刷する以外にエンボス加工があります。
版を使って紙に圧力をかけ、浮き出させる加工です。

浮き上がらせることで、インパクトが出ます。デボスや印刷とエンボスを組み合わせると、表現の幅が広がりますので、是非色々試して下さい。

基本的にエンボス加工では、上から金属版で圧力をかけて版の凸部分で紙を潰し、凹部分で浮き出させます。また、下から樹脂版で紙を挟み込み、浮き出しを強調します。

・金属版

まず、データで浮き出させたい部分を白、浮き出させない分を黒で作成します。(反転する)
(写真1-2)

(写真1)金属板のデータ

(写真1)金属板のデータ

(写真2)反転した状態

(写真2)反転した状態

上下には後で作成する下版(樹脂版)との見当合わせ用のトンボを作成しておきます。

・樹脂版

下から突き上げ用の樹脂版データを作成します。ここでひと工夫。上の金属版と下の樹脂版で紙を挟み込みますので、そのスペースを確保します。作成意図やデザイン内容により、スペースの幅を変えます。デザインによっては、スペースが大きく確保できたり、スペース確保が難しい時があります。(写真3)

(写真3)樹脂版のデータ

(写真3)樹脂版のデータ

今回は0.15mmスペースを確保しましたので、6ptの文字と0.283pt・0.5ptの罫線がなくなっています。エンボスの場合は、スペース確保を前提としたデータ作成が必要です。樹脂版の最低線幅は0.1mm(0.286pt)と考えております。
明朝パターンでも作成してみました。(写真4)

(写真4)樹脂版の明朝パターン

(写真4)樹脂版の明朝パターン

明朝体の文字は大きくても、細い部分があるので、22ptの文字でも無くなっている所があります。
この点もご注意下さい。

(写真1)金属板のデータ

(写真1)金属板のデータ

(写真2)反転した状態

(写真2)反転した状態

(写真3)樹脂版のデータ

(写真3)樹脂版のデータ

(写真4)樹脂版の明朝パターン

(写真4)樹脂版の明朝パターン

では、製版してみましょう。

(写真5)金属板で製版したもの

(写真5)金属板で製版したもの

(写真6)金属板の明朝パターン

(写真6)金属板の明朝パターン

(写真7)樹脂板で製版したもの

(写真7)樹脂板で製版したもの

(写真8)樹脂板の明朝パターン

(写真8)樹脂板の明朝パターン

弊社は製版後に清刷りを作成して検版をしています。樹脂版が逆で出来ているのは、下から挟み込むからです。版の画像を見ていただければ、分かると思います。

では、いざ加工です。
加工はレタープレスコンボを使用します。

まずは、版をセットします。(写真9)

(写真9)セットされた版

(写真9)セットされた版

そして、紙をセットしてクルクル回します。(写真10-11)

(写真10)紙をセット

(写真10)紙をセット

(写真11)レタープレスコンボで加工

(写真11)レタープレスコンボで加工

エンボス加工の出来上がりです。エンボス加工は迫力が出ますね。インパクト十分!(写真12-14)

(写真12)エンボス加工の仕上り①

(写真12)エンボス加工の仕上り①

(写真13)エンボス加工の仕上り②

(写真13)エンボス加工の仕上り②

(写真14)明朝の版を使ったエンボス加工

(写真14)明朝の版を使ったエンボス加工

下の樹脂版が部分的にしかできなかった8ptの文字、そして下の樹脂版ができなかった6ptの文字と0.283ptと0.5ptの罫線は出ませんでした。(写真15)

(写真15)8ptの文字は部分的、6ptの文字と0.283ptと0.5ptの罫線は出ていない

(写真15)8ptの文字は部分的、6ptの文字と0.283ptと0.5ptの罫線は出ていない

明朝体は文字がおおきくても、細くて下の樹脂版が作成できなった部分はでませんでした。(写真16)

(写真16)明朝体の版での仕上り

(写真16)明朝体の版での仕上り

上と下で挟み込むため、下の樹脂版が作成できない部分は圧力がかからないので、型すらつきませんでした。
これを防ぐ為には、やはりデザイン段階で注意が必要です。

下の樹脂版を違う素材にしてみたら、出来上がりが期待できます。次回は下の素材を変えてみたいと思います。

また、このコラムをご覧の方で、疑問やトラブルを抱えておられる方がおられましたら、ご連絡下さい。版等で解決できるものはピックアップして解決しようと思います。よろしくお願いいたします。

(写真5)金属板で製版したもの

(写真5)金属板で製版したもの

(写真6)金属板の明朝パターン

(写真6)金属板の明朝パターン

(写真7)樹脂板で製版したもの

(写真7)樹脂板で製版したもの

(写真8)樹脂板の明朝パターン

(写真8)樹脂板の明朝パターン

(写真9)セットされた版

(写真9)セットされた版

(写真10)紙をセット

(写真10)紙をセット

(写真11)レタープレスコンボで加工

(写真11)レタープレスコンボで加工

(写真12)エンボス加工の仕上り①

(写真12)エンボス加工の仕上り①

(写真13)エンボス加工の仕上り②

(写真13)エンボス加工の仕上り②

(写真14)明朝の版を使ったエンボス加工

(写真14)明朝の版を使ったエンボス加工

(写真15)8ptの文字は部分的、6ptの文字と0.283ptと0.5ptの罫線は出ていない

(写真15)8ptの文字は部分的、6ptの文字と0.283ptと0.5ptの罫線は出ていない

(写真16)明朝体の版での仕上り

(写真16)明朝体の版での仕上り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WRITER

writer

1969年設立の凸版製版をメインとする製版会社
主にシール・ラベル印刷用凸版を製版しており、50年近い製版で蓄積したノウハウでお客様のための製版を心がけています。

大西 徹
営業部 課長

1995年に入社し、営業部に配属。
版と真鍮模型を愛する真鍮漬けの人

RECOMMEND

writer

2017/03/22

活(い)きた版「版の種類」

2017/02/22

活(い)きた版