WEB MAGAZINE
web-magazine

(株)和光
活(い)きた版 「プラットフォーム作成」

今回は、箔押しトライアル中に破損してしまったプラットフォームをいよいよ作成します。
新調するなら、いっそのこと箔押し、印刷両方に対応するプラットフォームを作成したいと思います。

まず、今までのヒーターのグリップが邪魔で、簡素な熱源に変更したいので、いろいろ物色していると、100円ショップでグルーガンを発見。グルーガンはPTCヒーターを熱源にしているので、スペースをとりません(今までのスイッチ系の大きなグリップ部分がなくなります。)

ここで、PTCヒーターとは何か?少し説明します。

PTCヒーターとは、温度が上昇するに伴い、ヒーターの電気抵抗が増大する特性のヒーターです。
つまり、温度が上がると電気が流れにくくなり、温度が下がると電気が流れやすくなる特性持ったヒーターです。100円ショップのグルーガンのPTCヒーターは約165℃で安定するらしいので、アルミ板を熱すると、110℃位で安定すると判断して投入です。でも不安なので、2個大人買いしました。

早速分解します(写真1)。(良い子は真似しないでくださいね。)

(写真1) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真1)

PTCヒーターは先端部の銀の金具の中にあります。取り出してみます。

(写真2) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真2)

オレンジ色の耐熱シートに入っている四角いものがPTCヒーターです(写真2)。
早速加熱テストをしてみます。

(写真3) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真3)

結果、77.5℃でした(写真3)。アルミ板の放熱が勝ったようです。
こんな時のために、2個買っておいたので、2連で試してみます。

(写真4) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真4)

なんと、86.3℃でした(写真4)。あのグリップとお別れできると思っていたのに、非常に残念です。
熱源は今までのヘアアイロン熱源を使用します。
ショックを乗り越えて、図面を作成します。

(写真5) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真5)

わかりにくいと思いますが、ピンク部分が熱源となるアルミ板で、グレー部分がヒーターとなり、一番黒い部分が熱源等を収納する洞穴です(写真5)。今回は、箔押しと印刷両方可能なプラットフォームを目指しているので、色々仕組みを仕込んでおります。今後、順次紹介していきます。

次に、パーツを作成していきます。

(写真6) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真6)

プラットフォームは基本MDFです。耐熱性と価格を考え、MDFに行き着きました。プラットフォームの裏は強度重視で鉄板を使用します(写真6)。

天板はジュラルミンと鉄板で作成します。この鉄板が思惑通りに働けば、箔押しを印刷が両方可能になります。

MDFと鉄板のカットはシール・ラベル用刃型を製造している(有)日伸製作所にて加工していただきました。MDFはレーザーでカットしてもらいましたので、綺麗に出来ております。糸鋸でカットしようとしたら、断念しているところです。

MDF2枚を接着します。接着剤による高低ムラを無くすため、圧着します(写真7)。

(写真7) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真7)

その後、鉄板を接着してプラットフォームが完成です(写真8、9)。

(写真8) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真8)

(写真9) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真9)

表に開けた穴は今後の仕組みのための穴です(写真10)。

(写真10) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真10)

天板は、ジュラルミンに仕組み用の穴を開けて、鉄板は一部カットして大まかなパーツは完成です。

あとは組み上げが待っております。

熱源の問題で時間がかかってしまいました。続きは次回をお楽しみに。

(写真1) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真1)

(写真2) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真2)

(写真3) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真3)

(写真4) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真4)

(写真5) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真5)

(写真6) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真6)

(写真7) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真7)

(写真8) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真8)

(写真9) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真9)

(写真10) | 活(い)きた版 「プラットフォーム作成」 - (株)和光 | 活版印刷研究所

(写真10)