WEB MAGAZINE
web-magazine

(株)和光
活(い)きた版

私がお会いした活版印刷をされている方々は、趣味にしろ、仕事にしろ、とても生き生きされています。
生き生きは活き活きとも表現できます。
活き活きされている方が作業された活版印刷は、拝見して活き活き見えてきます。

当社はもうすぐ設立50周年を迎える凸版の製版を手掛ける会社で、主にシール・ラベル印刷用凸版を製版しております。もちろん当社の版は活版にも利用されています。
”版を使われる方が印刷しやすい版を製版する”をモットーに、当社も活きた版を製版するのが仕事です。

シール・ラベルの印刷は、オフセット印刷(平版印刷)やオンデマンド印刷(インクジェット印刷)の割合が増えてきてはおりますが、大部分を凸版印刷で印刷されております。(印刷方式の違いについては、三星インキ株式会社様のコラムをお読み下さい。)
私も、この業界に入るまでは、凸版印刷がメインで行われているとは正直、知りませんでしたので、入社時は驚きました。

当社は、現在、樹脂版、真鍮版を製版しております。亜鉛版は数年前まで製版しておりましたが、材料の問題で現在は休止中で、目下再開に向けて努力しております。

(株)和光 - 樹脂版

樹脂版

(株)和光 - 真鍮版

真鍮版

データ作成がイラストレーター等のソフトで簡単にできるようになった昨今、凸版印刷方式でのメリット、デメリットの部分を長年培ってきたノウハウで、できるだけ解決するように心がけております。

凸版印刷方式は、皆さんがされている活版が印刷方式そのものです。
紙をセットし、版をセットし、インキを版に乗せ、圧を加えて紙にインキを転写する。
文字でみると単純な4つの工程ですが、アナログ(手作業)の要素が多い分、逆に奥が深い印刷方式です。

紙………紙の種類は大変多く、それぞれの紙で仕上がりの風合いやイメージは全く違った物に仕上がります。

インキ……インキの色もPANTONEを取ってみても数多くありますし、色を混ぜ合わせて調合するをと、色の数は無限大に広がります。

印刷……印刷においても、圧力のかけ方によってデボスのかかり方が違いますし、インキの乗せ具合で仕上がりもかわってきます。

版………版の種類、材質も色々あり、それぞれの特性によって印刷仕上がりも違いますし、エンボスやアミ掛け等、表現方法も多くなります。

今後は、版の種類や特性、製版の仕組み、トラブルについての解決等をお伝えできればと考えております。

(株)和光 - 樹脂版

樹脂版

(株)和光 - 真鍮版

真鍮版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WRITER

writer

1969年設立の凸版製版をメインとする製版会社
主にシール・ラベル印刷用凸版を製版しており、50年近い製版で蓄積したノウハウでお客様のための製版を心がけています。

大西 徹
営業部 課長

1995年に入社し、営業部に配属。
版と真鍮模型を愛する真鍮漬けの人

RECOMMEND

writer

2017/03/22

活(い)きた版「版の種類」